クローズアップ記事 修理費用や修理期間の情報が満載。自動車修理の際にはぜひ参考に。

ATミッションが変速しない原因は?

取材記事

最近の修理事例最近の修理事例[自動車修理の情報サイト「リペアナビ」

キューブ ワゴンR スティングレー フィット

ATミッションが変速しない原因は? (Vol.109)

 ATミッションが変速しない、そんなトラブルに見舞われたユーザー。ATミッションの不具合を疑い、専門ショップに持ち込まれたこのBMWだが、車両点検の結果、ATミッション自体は無傷であることがわかった。今回の事例は、ATミッションのトラブルについて紹介しよう。

 まずは原因を特定するため、すぐに車両のチェックをスタートした。ATミッション自体の機械的な不具合か、それとも電子制御に関わる部分に不具合があるのか、その原因を
探っていく。結果、ATミッション自体には問題なく、オルタネーターが原因であることが判明。オルタネーター不良の為、バッテリー電圧が低下し、A/T・ECU電圧不足
となっていたのだ。
そのため、エマージェンシーモードとなってしまい、変速しない状態になっていた。
ATミッションは車のスピードやエンジンにかかる負荷を信号で受けて、変速していく仕組み。そのため、それぞれの信号(車速など)を受信できないと変速しないということになる。

 特に最近のクルマは多くの電子機器を搭載しているため修理や整備も年々、複雑化している。不具合原因の特定がカギとなるためショップへ相談するときは、いつ、どのような症状が出やすいのかをなるべくきめ細かく伝えられるようにしておくことも重要なポイントだ。それにより原因の特定が早まり、修理完了への近道となることもあるそうだ。

 このショップでは、輸入車を中心にATミッションから異音がする、振動が大きい、ギヤが滑るなどの様々な症状のATミッション類が持ち込まれているが、メーカーや年式に応じて修理に対応している。部品類を分解し、消耗品を交換したり洗浄を行ったりするオーバーホールにより、往年の走りが甦ったという話も少なくない。輸入車や複雑なATミッション、ステアリングを持つスポーツカーなどに乗っているユーザーはぜひ、チェックしておいてほしい。
1.ATミッションが変速しないとの不
具合症状にて入庫。修理にとりかかる前に、まず車両点検を実施
2.オルタネーターの不良であることが判明。バッテリー電圧が低下していた。
写真はオルタネーターを外した状態
3.交換作業後、充電電圧を測定。測定値に異常がないことを確認し、テスト走行後に納車。(左側が不良オルタネータ―)
(おまけ)ATミッションには不具合はなかったという別のケース

2速にホールドしてしまうという症状で入庫したポルシェ。
診断機で確認したと
ころ、センサーにスラッジ等が付着し、
ATミッション内部の回転数を拾えなく
なってしまったことが原因とわかった。


【参考価格】
お問合せください。

取材協力:株式会社 デルオート

<< バックナンバー >>

地元スクール発掘サイト ならいごと.net

修理事例集

工場カテゴリ

レストア&メンテナンスローン

修理お役立ち情報

車検お役立ち情報

リサイクル部品でエコロジー

[リペアナビ・ショップカテゴリ]
欧州車が得意な工場キズ・ヘコミ直しのプロショップ整備/車検のプロショップタイヤ/ホイールのプロショップ電装系のプロショップカーナビ取付けのプロショップドレスアップのプロショップ 旧車・レストアのプロショップ自動車ガラスのプロショップリサイクル部品積極活用!のプロショップ安く直すプロショップパーツ持込み歓迎のプロショップリビルト・リサイクル部品生産・販売店リビルト・リサイクル部品在庫確認

[リペアナビ・修理事例カテゴリ]
修理内容で見る リサイクル部品を利用小さなキズ・ヘコミ事故などの損傷時自動車保険を使った修理 外車の修理・メンテデントリペア
修理箇所で見る ドア・フェンダーバンパー・ボンネット|ライト・テールレンズエアコン修理・電装関係エンジン・ミッション周りマフラー・排気系足回り・ホイールウインドーガラス
特別な修理・改造 旧車の修理・レストアラリー車・レースカーパーツ取付け・加工
愛車のドレスアップ ボディーコーティングカーセキュリティ||足回りパーツカーフィルムエアロパーツカーナビ・オーディオシート・内装ルームクリーニング

[お役立ち情報]
修理お役立ち情報車検の役立ち情報今月のクローズアップ記事リサイクル部品でエコロジー

[プロショップの皆様へ]
掲載についてのご案内 3ヶ月無料体験実施中!

自動車修理の情報サイト リペアナビ