クローズアップ記事 修理費用や修理期間の情報が満載。自動車修理の際にはぜひ参考に。

この音は何だろう?

クローズアップ記事

最近の修理事例最近の修理事例[自動車修理の情報サイト「リペアナビ」

アイシス パレット スペーシア

この音は何だろう? (Vol.105)

 走行時または停車時に車から変な音がする。どこから? 何の音? 車はいわゆる消耗品の固まりだ。時間の経過と共に当然それらの部品も劣化してくる。異音がする前に不具合を発見できればベストだが、調子の悪いまま何となく乗り続けて、変な音が大きくなってしまった…。今回はそんなケースを紹介しよう。

 エアコンをつけると異音が発生し、しかもアクセルを踏んでもパワーがでないという症状で入庫。異音はいろいろな原因が考えられ、工場に入庫したときに限って「確認できない」ということもある。
そんなときは、しばらく時間をおいて入庫してもらう、ということもあるそうだ。

 今回はエアコンをつけた状態で確認をしてみると、オーナーの言うとおりのギュイ〜ギュイ〜という異音が発生。エンジンの力がなくなり、明らかに何かしらの負荷がかかっているようだ。

 原因を探ると、コンデンサーの詰まりで高圧になりすぎてしまい、コンプレッサー自体に高い負荷がかかってしまっていた。そして、エンジン出力のほとんどがコンプレッサーに取られ、ミッションに伝達されるべき動力が伝わっていないことがわかった。原因が解明できたところで早速修理にとりかかった。

 ユーザーから安く修理できないか? との要望があり、コンプレッサーはリユース(中古)部品、コンデンサーは新品部品に交換することとなった。このショップでは、通常コンプレッサーは、新品またはオーバーホール済のリビルト部品を勧めることが多いそうだが、優良なリユース部品を見つけることができ、コストダウンにつなげることができた。
 
 ご存じのとおり、エアコンシステムは、様々なパーツ類がそれぞれの役割を果たすことにより機能している。そのため、原因の特定がしにくいエアコンの故障の場合は、配管を含めた各部品の総交換というケースもある。

 今回はそのような事態は回避できたが、いつもと違う音や振動があった際には、早めに専門工場へ行くことをお勧めする。
1.不思議?な異音で入庫 2.中を確認。ラジエターの前にあるのがコンデンサー 3.運転席を開けて真下に見えるのがコンプレッサー
4.向かって右が現車より取り外し品、左がリユース(中古品) 5.コンデンサーは新品に交換 6.真空引き及びガスチャージして完成


【参考価格】
約6万5千円/3日(部品取り寄せ期間含)

取材協力:ミツワ自動車株式会社 浮間工場


<< バックナンバー >>

地元スクール発掘サイト ならいごと.net

修理事例集

工場カテゴリ

レストア&メンテナンスローン

修理お役立ち情報

車検お役立ち情報

リサイクル部品でエコロジー

[リペアナビ・ショップカテゴリ]
欧州車が得意な工場キズ・ヘコミ直しのプロショップ整備/車検のプロショップタイヤ/ホイールのプロショップ電装系のプロショップカーナビ取付けのプロショップドレスアップのプロショップ 旧車・レストアのプロショップ自動車ガラスのプロショップリサイクル部品積極活用!のプロショップ安く直すプロショップパーツ持込み歓迎のプロショップリビルト・リサイクル部品生産・販売店リビルト・リサイクル部品在庫確認

[リペアナビ・修理事例カテゴリ]
修理内容で見る リサイクル部品を利用小さなキズ・ヘコミ事故などの損傷時自動車保険を使った修理 外車の修理・メンテデントリペア
修理箇所で見る ドア・フェンダーバンパー・ボンネット|ライト・テールレンズエアコン修理・電装関係エンジン・ミッション周りマフラー・排気系足回り・ホイールウインドーガラス
特別な修理・改造 旧車の修理・レストアラリー車・レースカーパーツ取付け・加工
愛車のドレスアップ ボディーコーティングカーセキュリティ||足回りパーツカーフィルムエアロパーツカーナビ・オーディオシート・内装ルームクリーニング

[お役立ち情報]
修理お役立ち情報車検の役立ち情報今月のクローズアップ記事リサイクル部品でエコロジー

[プロショップの皆様へ]
掲載についてのご案内 3ヶ月無料体験実施中!

自動車修理の情報サイト リペアナビ