車検に関するお役立ち情報が満載。

あなたが選ぶ車検は?

車検お役立ち情報

最近の修理事例

タント ラクティス 940

車検を取ることは「検査」を通ること?

車検とは、「道路運送車両法」で定められている「保安基準」に適合しているかどうかの車両検査のことをいいます。つまり、車を構成する様々な部品、特に安全を支えるものや環境を守るものを法に基づいて検査をし、以後一定期間の継続使用を認めるものです。
車検は、定期的(新車3年 以外2年ごと)に受けることが義務付けられています。
そもそも、車の整備点検は所有者にゆだねられており、所有している以上「自己管理」が前提となります。車検も、所有者が自ら点検・整備・検査を行って陸運支局で車検を受けることが出来ます。
しかし、実際は、整備等を自分で行って、平日の昼間に陸運局などに車を持ち込むことが出来ない人がほとんどです。
そこで、車検を通すためにディーラーや整備工場、ガソリンスタンドやカーグッズ量販店等に車検を依頼することになります。
車検は、必ずやってくる大きな“出費”です。
せっかくなら、「これならナットク!」という車検をやってみませんか?

車検場で検査すること

車検場での検査は、概ねこのような内容で行われるようです。(写真は車検場と同じ設備を持つ指定工場のものです。)

車検の検査
  • ウインカー・クラクション・ブレーキランプなどの灯火装置 、ボンネットを開けて車体番号の確認
  • ワイパーの動作
車検の検査
  • 直進安定性(サイドスリップ)
    黄色い線を踏みながら、白線の内側に沿ってブレーキテスターに向かってまっすぐ車を進める)
車検の検査
  • スピードメーターが正しいか
    ギヤを入れアクセルを踏んで、スピードメーターが40Kmを指すところで、合図をして係官に知らせる)
車検の検査
  • ブレーキがきちんと動作しているか
    (テスターのローラーに正確に乗せて、車を止める。エンジンはかけたまま掲示板の指示に従って、ブレーキを踏んだり離したり、サイドブレーキを引いたりする)
車検の検査
  • ヘッドランプの光軸が規定通りか(指示に従い、ヘッドライトを点灯・消灯さる)
車検の検査
  • 排気が規定値以内か(プローブといわれる測定用の棒を、マフラーに差し込む)
  • ディーゼル車の黒煙は規定値以内か(年式により規定値が違う)
車検の検査
  • オイル漏れ、ボルトのゆるみ、マフラーの穴あきなどの下回り検査
    (車を所定の位置に止め、指示に従って エンジンを切り、ブレーキペダルを軽く数回踏んだり、サイドブレーキを引いたり、ハンドルを左右に切ったりする)

車検のメニュー

ユーザー車検

メリット 法定費用(自動車重量税・自賠責保険)と検査費用(普通自動車 1,500円)で済む。
デメリット 自分で日ごろから点検・メンテナンスを出来る知識と時間が必要。検査にパスできなかった場合などは2度手間になることもある。

代行業者・点検付き代行業者を利用すると楽チン。
自分では点検が難しいライトの光軸検査などとセットの代行業者もあり。
ただし分解整備等が必要になった場合は、認証または指定工場の資格がないと出来ないので注意

※分解整備とは?
保安上重要な部位である原動機、動力伝達装置、制動装置等を取り外して行う整備又は改造 (ブレーキパーッドの交換などは資格が必要・タイヤを外したりオイル交換等は資格不要)

いわゆる通すだけの車検

メリット 基本的な点検のみを行い、車検のために必要な整備や調整のみを行うのでお手ごろ価格が多い。
ユーザーの立会いで説明しながら点検してくれる立会い車検もわかりやすい。
スピーディに終るので忙しい人にはオススメ。
デメリット 車検時に交換しなかった消耗品などを車検後に交換する必要がでてくれば、さらなる出費となる。
日ごろから点検・メンテナンスをある程度行っている必要あり。

お得で手間もあまりかからない車検。新車の人、点検整備をマメに行っている人向け
各ショップでもこれに近いコースを用意しているところが多い。

整備付き車検

メリット 車検に通すだけでなく、必要な整備を行ってくれるので車検後も安心して車に乗れる。
デメリット 通すだけの車検に比べて割高。部品交換などにより費用がアップすることも。

走行距離が多い、日ごろ、車の点検メンテナンスをしていない(乗りっぱなしの人)向け
次の車検まで安心して乗りたい人にオススメ。

「予防整備」といわれ、プロの目で消耗品の交換や整備などが必要だと思われる箇所を事前に点検整備するので大きなトラブルを回避することができる。
例えば、その車の走行距離から考えて向こう6ヶ月以上は安全に走行できない、将来的な故障の要因が大きいものなどを車検時に部品交換するものを言います。 実際にはまだ使えるものもあるので、それを「高い」と取るか、「いつかは必要なことなので今やるべき」と取るかです。
このような根拠がなく、車検時に勝手に交換してしまい、ユーザーにその金額を請求するのは「過剰整備」といわれるものです。 それが必要なものかどうか、しっかりとした説明をしてもらうことが必要です。

※この他にも各社車検メニューがあります。それぞれのご確認ください。

最も、安く、早く、であれば当然、ユーザー車検、 整備のプロに車を一通り見てもらいたいけれど、安く、早く車検をしたいなら、 いわるゆ「通すだけの車検」を 車検と車検の間に、さらなる出費を考えたくないという人。 車検後は安心して乗りたいという人は、「整備付きの車検」を それぞれ検討してみてはどうでしょうか? リペアナビでは、このような個々の要望に応えてくれる「車検のプロショップ」をご紹介しています。

どこで車検?

ディーラーや整備工場、ガソリンスタンド、カーグッズ量販店など車検を受け付けているところは多数あります。それぞれに見積りをとってみて、サービスや金額の差、その内容を比較し、自分にあった車検を見つけていくことが「ナットクの車検」への第一歩ではないでしょうか?

ディーラー 整備工場 カーグッズ量販店 ガソリンスタンド
ディーラー 整備工場 カーグッズ量販店 ガソリンスタンド

リペアナビの掲載ショップは、資格を明記しています。下記を参考にしてください。

認証工場

認証工場「分解整備」を行える国からの認可を受けている工場。
設備や人材、工場の広さなど細かく決められた条件をクリアしている。
クルマに関してのプロフェッショナルです。
車検に関しては、検査時に陸運局に車を持ち込み車検を受けます。

指定工場(民間車検場)

指定工場指定工場すべての車が陸運局で車検を行うと大変な台数をなってしまうため、車検の合理化のために自動車検査のための必要な設備があり、自動車検査員がいると認められるところを指定工場としています。
一般的に「民間車検場」と呼ばれているところで、「土日でも車検ができる」としている工場は、自社で車検の検査ラインを持っているからです。つまり、保安基準の適合について検査するために車両を陸運支局へ持ち込む必要がありません。
(書類の提出は陸運局にて行うので、新ステッカーなどは後日郵送などで送られてきます。)

どちらの資格も無しで車検を受け付けているところ

リペアナビでは、手続き代行のみや受付代行のショップも掲載されています。
分解整備等の必要がなければ、所有者からの依頼があれば誰が車検場に行って車検を取っても構いません。車検の手続き等に関してはプロなので安く、早くを優先させるなら相談してみましょう。

※分解整備とは?
保安上重要な部位である原動機、動力伝達装置、制動装置等を取り外して行う整備又は改造 (ブレーキパーッドの交換などは資格が必要・タイヤを外したりオイル交換等は資格不要)

地元スクール発掘サイト ならいごと.net

修理事例集

工場カテゴリ

レストア&メンテナンスローン

修理お役立ち情報

車検お役立ち情報

リサイクル部品でエコロジー

[リペアナビ・ショップカテゴリ]
欧州車が得意な工場キズ・ヘコミ直しのプロショップ整備/車検のプロショップタイヤ/ホイールのプロショップ電装系のプロショップカーナビ取付けのプロショップドレスアップのプロショップ 旧車・レストアのプロショップ自動車ガラスのプロショップリサイクル部品積極活用!のプロショップ安く直すプロショップパーツ持込み歓迎のプロショップリビルト・リサイクル部品生産・販売店リビルト・リサイクル部品在庫確認

[リペアナビ・修理事例カテゴリ]
修理内容で見る リサイクル部品を利用小さなキズ・ヘコミ事故などの損傷時自動車保険を使った修理 外車の修理・メンテデントリペア
修理箇所で見る ドア・フェンダーバンパー・ボンネット|ライト・テールレンズエアコン修理・電装関係エンジン・ミッション周りマフラー・排気系足回り・ホイールウインドーガラス
特別な修理・改造 旧車の修理・レストアラリー車・レースカーパーツ取付け・加工
愛車のドレスアップ ボディーコーティングカーセキュリティ||足回りパーツカーフィルムエアロパーツカーナビ・オーディオシート・内装ルームクリーニング

[お役立ち情報]
修理お役立ち情報車検の役立ち情報今月のクローズアップ記事リサイクル部品でエコロジー

[プロショップの皆様へ]
掲載についてのご案内 3ヶ月無料体験実施中!

自動車修理の情報サイト リペアナビ