シート・内装 の修理に関するお役立ち情報が満載。

1987年式Y31セドリックGT ガラスコーティング・内装クリーニング

愛車のドレスアップ シート・内装

修理/作業内容 1987年式Y31セドリックGT ガラスコーティング・内装クリーニング
メーカー/車名 ニッサン/セドリック カラー グリニッシュシルバー
修理/作業金額 47000円 修理/作業期間 4日(お預かり期間)
修理担当者
からのコメント
1987年登録のY31セドリック グランツーリスモの入庫です。
26年目を迎えますが、、お客様が愛着をもってお乗りのお車です。屋外駐車だっため経年劣化が進み最近全塗装されて内装部品のリペア中です。これからも大切に乗りたいということで、ガラスコーティングと内装クリーニング一式をご依頼いただきました。当店で今後2ヶ月に一度のトータルメンテナンスの予定です。このメンテナンス実施により、通常目に見えない部分も次第に新車に近づいてまいります。

施工後のお客様の声です。
『私と同じ昭和62年式セドリックを、新車と見間違える程のクオリティで保持されているのを拝見し、迷いなく施工をお願いしました!仕上がりに大満足なのはもちろんですが、それ以上に、とても親切丁寧にご対応頂き、大変感謝しています。オプションのインテリアクリーニングは長年の汚れが落ち、とても気持ちよく乗れるようになったと家族にも大好評です。高価なコーティングサービス業者に頼まなくて、本当にヨカッタ。これからが楽しみです。末永くお世話になります!』

表示形式:写真を大きく表示

  • 施工前の画像です。全塗装されておりますが、樹脂部分は紫外線等により白化しております。黒い部分が黒くないと全体がどうしてもぼやけてきます。

  • フロントエアダムバンパーの無塗装の樹脂部分です。25年に亘る紫外線・ワックスなどの油脂・汚れにより白化しております。

  • Cピラー手前のリアウィンドウ周りの樹脂部分です。完全に劣化し表面が一部剥離しております。

  • Bピラーのリアドア取付部分です。Y31型はBピラーは無く、ウインドウを全て開けると全開放になります。外側は全塗装しておりますがこのような内側まではされておりません。今後当店では、トータルメンテナンス(定期メンテナンス)の中で、このような細かな部分までもクリーニングしてまいります。

  • リアシートです。今回内装洗浄(内装丸洗い)を承りました。ブラウンの内装色なので、見た目はあまり汚れが目立ちませんが、どの位の汚れが取れるのでしょうか。

  • ガラスコーティング、樹脂復活後のフロントからの画像です。再塗装後の綺麗な塗装状態でしたので上級グレードのコーティング剤にて処理しております。(新車から6ヶ月以上経過したものは、また別の適したコーティング剤を使用します。)

  • フロントバンパーの無垢の樹脂部分です。劣化回復処理によりガラスコーティングされ、新車当時の状態を取り戻しました。

  • サイドからの画像です。ボディへの映り込みが全塗装仕上がり時以上に輝いております。そして黒いところは黒くが車の美しさの基本です。

  • 内装クリーニング(丸洗い)後の洗浄液の汚水です。フロアマットやシートからこぼしたコーヒーなどが出てまいりました。クリーニング後は除菌・消臭処理を施しています。スチームなども使いダニなどの滅菌処理もしてあります。

表示形式:写真を大きく表示

お役立ちアンケート

この事例はお役に立ちましたか?


「はい」をクリックするとお役立ち数にカウントされます。

この事例をシェアする

  • googleplus
  • LINE