自動車 の修理に関するお役立ち情報が満載。

【ステアリング】 ラック&ピニオン(ZF製) リビルト

担当工場 デルオート
修理/作業内容 【ステアリング】 ラック&ピニオン(ZF製) リビルト
メーカー/車名 /ジャガー シリーズⅢ カラー
修理/作業金額 修理/作業期間
修理担当者
からのコメント
●症状●
走行距離80,000kmで、サイドシールからフルードの漏れが発生したために入庫しました。非常に重要なコンポーネントであるため、組み立て等には神経を使います。

●PR●
ドイツZF社の正規サービスステーションである当社は、輸入車オートマミッション・ステアリングリビルトのプロ集団です。
群を抜く技術力と設備で、ディーラー・インポーターの皆様をはじめ、法人・個人のお客様より絶大な信頼を受けています。
輸入車のオートマチックトランスミッションの修理など、是非お任せください!
  • 分解前のステアリングです。

     

  • ブーツが切れているのが分かります。

     

  • ブーツが切れたために水が浸入してしまったようです。錆色のフルードが出てきました。

  • 分解したところの写真です。ラックシャフト、トラックロットキット、取付用のマウントにダメージがありました。この後、部品の洗浄と交換をします。部品点数はATより少ないのですが、非常に重要なコンポーネントであるため、組立に神経を使います。

  • 組立途中のステアリングです。この後、すぐに組立を完了しますが、完了後はステアリングのテストベンチにかけて、出荷前のファイナル・テストをします。

     

  • テストベンチの結果は良好でした。この後、お客様へ出荷いたします。




     

お役立ちアンケート

この事例はお役に立ちましたか?


「はい」をクリックするとお役立ち数にカウントされます。

この事例をシェアする

  • googleplus
  • LINE