自動車 の修理に関するお役立ち情報が満載。

エアコン修理

担当工場 ASANO
修理/作業内容 エアコン修理
メーカー/車名 フォルクスワーゲン/ワーゲンパサート カラー
修理/作業金額 工賃10万円,他 修理/作業期間 3日間
修理担当者
からのコメント
エバポレーターからガス漏れが発生しており、エバポレーターの交換が必要でした。
エバポレーター、ヒーターコア、オリフィス等の部品はお客様のお持込にて修理にあたりました。

ワーゲン系のウイークポイントであるフラップの劣化は、状況が悪化しますと、ヒーターコアとエバポレーターの風がミックスされてしまい、冷えが悪くなったり、温風が出なくなったりととても不便な状況になります。

表示形式:並べて表示

  • 先ずは養生をしっかりと行います。

  • お持込頂いた、エバポレーターコア、ヒーターコア、オリフィスです。

  • 上が取り外した物です
    蛍光剤によって緑色に染まってますが、よく見ると小さなゴミも詰まっているのが分かります。

  • クーリングユニット内ですが、、、
    やはりフラップのスポンジが剥がれ、穴も見えてしまっています。

    この穴を風が通り抜けてしまう事で、エアコンの冷えも悪くなります。

  • クーリングユニットを取り外した写真です。

    養生もしっかりと行いますが、慎重にかつ、力も必要とされる作業になります

  • クーリングユニットを分解して行くとボロボロとスポンジが剥がれ、この様な状態に・・・

  • しっかりとスポンジを張り直します。
    フラップの穴もアルミテープにて塞いでからスポンジは張り直します。

  • 完了後

    清掃し難い場所なども、ユニットを取り外した状態で清掃してから組みます。

表示形式:並べて表示

お役立ちアンケート

この事例はお役に立ちましたか?


「はい」をクリックするとお役立ち数にカウントされます。

この事例をシェアする

  • googleplus
  • LINE