自動車 の修理に関するお役立ち情報が満載。

走行時の異音修理 

修理/作業内容 走行時の異音修理 
メーカー/車名 ニッサン/エクストレイル(T30) カラー
修理/作業金額 修理/作業期間 半日
修理担当者
からのコメント
車検でお預かりした車です。
通常の車検整備を完了して車検場に検査に持ち込む行き返り、
走行中の異音がとても大きく気になりました。
「ゴー」というロードノイズを大きくしたようなうなり音で、
スピードを出すと細かい振動がハンドルを握る手に伝わってくるほどです。

見過ごしても大丈夫なレベルの音ではないと感じたので、
異音の原因を調べ見積りを出してお客様に修理を打診することにしました。

点検の結果、故障箇所はフロント左のハブベアリングと判明しました。

お客様に説明したところ「修理を頼みます」という快い返事を頂きました。

表示形式:並べて表示

  • ご常連様です。いつもありがとうございます。

  • フロント足回りを分解していきます。

  • 外したフロントナックルASSY。今回はナックル本体は無交換でよいと判断しました。

  • 抜いたハブにベアリングの一部が残るので、その部品を取り外しています。

  • 取り外し後のハブです。ハブはシャフトが痩せている可能性が大きく、後でガタの原因になるので交換します。

  • 先ほどハブから外したパーツをベアリングに戻して、ナックルからベアリングを抜きます。

  • 新しいベアリングを入れます。古いベアリングをあてがいます。

  • スナップリング。固定します。

  • 最後にハブを入れたら完成です。こちらは組み上げ後の完成写真。ハブは隠れてしまってほとんど見えませんが・・・

表示形式:並べて表示

お役立ちアンケート

この事例はお役に立ちましたか?


「はい」をクリックするとお役立ち数にカウントされます。

5

この事例をシェアする

  • googleplus
  • LINE